結婚祝いにはどのような贈り物がいいでしょうか。親しい間柄なら、相手の希望をきくのが一番かもしれません。新しい二人の生活が始まるという事でキッチン用品やインテリア小物などが多いですが、ギフト券も好みに使えるので良いと思います。結婚祝いの平均予算としては、親から子へ:50、000円以上、兄弟へ:30、000~50、000円、親戚へ:20、000~30、000円、友達・同僚:10、000~20、000円が目安です。

刃物(包丁やハサミなど)や鏡は「切れる」「壊れる」という事を連想させるので、相手が希望しない限りは結婚祝いとしては避けたほうが無難です。ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と表すので縁を切るを意味するので避けます。また、食器など複数個でセットになっているものを送る場合、割り切れる偶数や4・6・9を避けるのがマナーとされています。贈り物には結び切りの水引ののし紙をつけて、表書きは「寿」「御祝」「御結婚御祝」などとします。

お祝いを送る場合、相手の迷惑にならないようにタイミングをしっかり見極めるのが大切です。結婚式の一週間前までに届くようにして、品物にメッセージカードを付けるか、別でお祝い状を送ります。結婚式の直後は新婚旅行に行くカップルが多く受け取れないことがあるので式の前に送るのがベターです。結婚祝いは贈り物だけでも、お金の両方を送っても構いません。

品物は事前に送っておいてご祝儀は披露宴に持参します。ご祝儀を持参しない場合は事前にお祝いを済ませていることを当日受付で伝えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です